Google


あらゆる場面で定着し始めたエコ活動

エコ活動の仕方はリサイクルなど関わり方はたくさんあります

あらゆる場面で定着し始めたエコ活動
エコを日常的に考えている人は幸せだと思います。何故ならばリサイクルをするにてもそれは結構な手間がかかります。中々、面倒くさい作業であったりします。ペットボトルのビニールを剥がして中身を洗ったりと当たり前のことかもしれませんが、全部やっていたら大変なのです。そういった手間を積極的にやっていけるという心の余裕があるという人はやはり幸せなのではないかと思います。行政でゴミを捨てるときの決まりを作ったとしても結構、やらない人というのは多いと思います。例えば分別しないといけないのに分別しない人やゴミを出す日を無視する人など中にはマナーが悪い人はいるのです。そういった人を注意するというのも住民同士では後味が悪くなってしまうものです。ですからエコロジーというのはみんなで協力してやるものだという良いイメージがある反面実際やってみると難しいという面があると思います。

ただリサイクルというものを考えるとゴミのことだけではないと思います。例えば家にある不用品を誰かに上げたり、売ったりすることでも立派なリサイクルです。使わない物を家にしまってあるだけでは勿体ないと思います。使いたい人というのは世の中にたくさんいますので不用品はどんどんと誰かに使ってもらうようにした方が良いでしょう。ゴミのルールを守るということは大切ですが、視野を広げてみるといろいろなリサイクルへのかかわり方ということも見えてくると思います。そういう意味では誰にでもできるのがエコでしょう。リサイクルをしたことがないという人は余りいないのではないでしょうか。節電ということも一時期、盛んに言われていました。最近では漸く落ち着いてきた感もありますがそれでも今後も節電などのエコ活動はやっていくべきです。電気代が勿体ないという考え方でも充分にエコ活動だと思います。そういったことを実行していくことが地球にやさしい行動を取れるのだと言えます。頑張るものではないと思いますが人それぞれやり方や出来る範囲というのは異なると思いますので自分なりの協力の仕方を考えていけば良いのではないでしょうか。

Recommend